犬王

あらすじ
京の都、近江猿楽の比叡座の家に一人の子どもが生まれた。
後に室町時代の民衆を熱狂させる能楽師【犬王】。
しかしその姿はあまりに奇怪で、大人たちは子の全身を衣服で包み、顔には面を被せた。
ある日、犬王はひとりの少年と出会う。彼は盲目の琵琶法師で、名を【友魚】(ともな)と言った。
「お前は俺のことを琵琶の曲にしろよ。」
友魚は犬王の数奇な人生を歌にし、琵琶とともに奏で始める。
やがて、世を生き抜くためのビジネスパートナーとして、分かちがたい友情で結ばれた二人は、お互いの才能を開花させ、ヒット曲を連発し、スターダムを駆け上がった。舞台で観客を魅了するようになった犬王は、演じるたびに、身体の一部を解き、唯一無二の美を獲得していく。
友魚はなぜ盲いたのか、
犬王はなぜ異形として生まれたのか――
その真相を求め、互いの呪いを解きあうために、舞い、歌う、【犬王】と【友魚】二人の友情の物語。

【犬王(いぬおう)】[生年不詳~応永20(1413)年5月9日没]
南北朝~室町期の能役者、能作者。同時代を生きた観阿弥、世阿弥の父子と同様に三代将軍足利義満の愛顧を受けて、むしろこの二者よりも贔屓にされていたと伝えられる。事実、後進である世阿弥には多大な影響を与えた。その死に関しては「紫雲が立った」と記述する書も残る。数々の名作を描いたらしいが、作品はいっさい現存していない。―「平家物語 犬王の巻」より

原作:「平家物語 犬王の巻」古川日出男著/河出書房新社
監督:湯浅政明
脚本:野木亜紀子
キャラクター原案:松本大洋
キャラクターデザイン・作画監督 :伊東伸高
美術監督:中村豪希
メインアニメーター:松本憲生
アニメーション制作:サイエンスSARU

放送・公開時期 2021年
公式ツイッターアカウント https://twitter.com/inuoh_anime
コピーライト  (c) “INU-OH” Film Partners