『古見さんは、コミュ症。』10月よりテレビ東京ほかでアニメ化! 古賀葵、梶原岳人、村川梨衣が出演

TVアニメ

小学館「週刊少年サンデー」で連載中であり、シリーズ累計500万部突破の『古見さんは、コミュ症。』(原作:オダトモヒト)が、2021年10月テレビ東京ほかでアニメ化する。

ティザービジュアル&ティザーPVが解禁され、メインキャストとなる古見硝子役を古賀 葵、只野仁人役を梶原岳人、長名なじみ役を村川梨衣が演じることを発表。さらに、メインスタッフは、総監督を渡辺歩(『海獣の子供』『恋は雨上がりのように』)、監督を川越一生(『文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~』『ベイブレードバースト』シリーズ)、シリーズ構成を赤尾でこ(『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』『推しが武道館いってくれたら死ぬ』)、キャラクターデザインを中嶋敦子(『文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~』『東京喰種トーキョーグール:re』)が務め、アニメーション制作はオー・エル・エムが手掛ける。

『古見さんは、コミュ症。』は、第20巻までコミックスを刊行している小学館「週刊少年サンデー」で連載中のオダトモヒトが描く人気漫画。見た目は誰もが振り向く美少女であるものの、極度のコミュ症で他人に話しかけようとすると緊張で表情が固まってしまう高校1年生の古見硝子が、「友達を100人作る」ことを目標に頑張るコミュ症コメディー。

キャラクター

古見硝子(CV. 古賀 葵)

<キャラクター紹介文>
古見さんは、コミュ症です。
見た目は誰もが振り向く美少女だが、極度のコミュ症で他人に話しかけようとすると緊張で表情が固まってしまい、「どうやって話しかけよう」「話しかけた後どうしよう」と考えてしまう。でも本当は、人と喋りたい。夢は「友達を100人作る」こと。

<キャストコメント>
Q1. 本作の印象を教えてください。
まず作品を手に取った時に、タイトルと表紙絵を見て「あ、この女の子何かあるな。」「この作品一癖あるぞ?」という、表紙だけで興味をそそるインパクトがありました。
タイトルの”古見さんは、コミュ症です。”の様に、そのキャラクターが一発でどんな子かわかるキャッチフレーズがあるのも面白いなぁと思いましたし、学生時代多くの人が体験したことのあるシチュエーションのリアルさに、「わかる!!」っとめちゃくちゃ共感しちゃって、気づいたらどんどん先に読み進めていました。
“個性”の強いキャラクターが沢山出てくるのですが、つい自分の中でマイナスに捉えがちな部分、人に見せたくない、知られたくないなと思う様な部分も、この作品ではポジティブな意味の”個性”として描かれていて、「こんな自分でも受け入れていいのかも…」と思わせてくれたり、悩んでいる方の背中をぽんっと押してくれる、勇気を貰える様な作品だなと思いました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
側から見るとクール美人で、誰もが憧れる高嶺の花な存在。でも実際はコミュニケーションをとるのがものすごく苦手で、話しかけられた時に、決してそんなつもりはないのに、相手を怖がらせてしまったり、”本当の自分”と”周りが勝手に作り上げた自分”とのギャップに古見さん自身、ついていけず戸惑っていたり、本当は仲良くなりたいのに言葉が上手く出てこない。それでも一生懸命頑張る姿がすごく切なくて健気で愛おしくて…と、彼女を知れば知るほどそんな思いが募ってしまい、すっかり魅力にハマってしまいました。(笑)
古見さんは見ているといつの間にか勇気を与えてくれる子で、色んな方の心を自然とぽかぽかさせる力があるなと思います。彼女のゆっくりでもしっかり、一歩ずつ前に進んで行く姿、そして少ない言葉の中で彼女の想いや、温かさをしっかりと紡いで行ける様、精一杯努めて参ります。

只野仁人(CV. 梶原岳人)

<キャラクター紹介文>
只野くんは、ただの人です。
「普通」な自分がクラスで浮かないように、周りの空気を読み、波風の立たない高校生活を送ることを目標としている。ただ、人の気持ちを理解することに長けているらしく、古見さんがコミュ症であることを見抜き、「1人目の友達」になる。

<キャストコメント>
Q1. 本作の印象を教えてください。
古見さんが本当に愛らしくて…不器用ながらも少しずつ感情を出していく姿にいつも激しく心打たれながら原作を読ませていただいています!また、古見さん以外にも個性が際立つキャラクターばかりで、自分の高校時代を思い出してこんな友達が周りにいたら幸せな学生生活だろうなぁ…とひたすら妄想を広げております(笑)季節ごとの学校行事やお祭りなどのイベントごとでの彼らの姿を見るのが特に好きで、もう戻れない僕の学生時代へ思いを馳せ、読みながら涙をのむばかりです…うぅ…!あと個人的にはいつも表紙が綺麗すぎる!!と感激しております!オダ先生本当にありがとうございます!!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
仁人くんは、普通が故の良さを持っている男の子だと思います!ちょっと中学時代にやんちゃな感じをやっちゃってみたりするところや、それを一度客観的にみてしまい普通になってしまうところ…など。どこか自分の学生のころを思い出してしまいます。(笑)
僕も実はちょっとトガってみたことがありまして、そののちに自分のイタさに気づき元に戻ったりしちゃったので、彼にはシンパシーを感じながら読んでいました!でも僕自身とってもコミュ症なので、仁人くんのようにふつ〜に接してくれる人に憧れますね…
読むたびに好きになるので、魅力的に演じられるよう精一杯頑張ります!

長名なじみ(CV. 村川梨衣)

<キャラクター紹介文>
長名なじみは、馴染んでいる。
只野くんの幼馴染。というか、誰とでも幼馴染。コミュ力がずば抜けて高く、数分で誰とでも仲良くなれるが、古見さんだけは「過去の因縁」があって苦手らしい。普段からスカートを履いて“女子生徒”の格好をしているが、中学までは学ランを着て“男子生徒”の格好をしていた。もはや性別は不明。

<キャストコメント>
Q1. 本作の印象を教えてください。
ギャグの面白さにキャッキャッキャッと笑っていると、笑い涙が感動の涙に変わるような人間模様が描かれて、しかもその人間模様がしっかり丁寧に描かれているのも魅力の一つに感じました。古見さんの夢を叶えていく姿を見守っていきたいとみんなが思っていると思いますが、古見さんの成長過程を見守る醍醐味もあると思っています。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
私が演じさせていただくのは長名なじみというキャラクターでして、ミステリアスな部分もありつつ、とんでもない凄まじいコミュニケーション力を持ち合わせている特殊能力持ちの強キャラクターです。そんななじみですが、みんなの幼馴染というくらいみんなと馴染んでいるので、そんななじみたるなじみらしさを出せていけたらと思っています。収録はまだしていないのでどうなるかは今は分かりませんが、「古見さんは、コミュ症です。」に携わらせていただける幸せを噛み締めつつ、皆さんに楽しんでいただけるように頑張ります!

【オダ先生お祝いコメント】

・・・ここだけの話なんですけどね・・・。

祝!!『古見さんは、コミュ症です。』アニメ化~~~!!
どんどんどんぱふぱふぱふ~~!ちゅいんちゅいんちゅいんどぅ~~~~~~ん^^^^!!!

10月より放送開始予定のアニメ『古見さんは、コミュ症です。』!
ついに・・・ついに・・・!

英語の授業で「自分のマンガがメディアミックスされることが目標です。(流暢な英語)」
と言い放ったあの頃の恥ずかしい僕も浮かばれるってもんです。
流暢ではなかったかもです!

本当にいろんな人が関わってくれてます!
僕と担当編集氏だけで描き始めた古見さんがいろんな人の力を借りて動く!?
すごいことよ!これは!!夢か!??

正直なことを言うと、自分のキャラを他人に預けるのはめちゃくちゃ不安です。
マンガより多くの情報を取り扱うアニメでは声や喋り方、イントネーション、所作、間など僕が考えてなかったことをいろんな人に考えてもらう必要があります。
認識のずれは大いにあるでしょう。
でもまぁ監督さんの話を聞いてる分には大丈夫なんじゃないかな~と思います!任せました!

秋アニメ!『古見さんは、コミュ症です。』!
放送日を期待と不安をパンパンに抱いて、一緒に待ちましょ?

・・・ちょいちょい!ねぇお願い一緒にいて!一人だと怖いから!!

オダ トモヒト

作品概要

【イントロダクション】
“コミュ症”とは──
人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。

留意すべきは──
苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。

桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは、“普通すぎる”クラスメイト・只野くん。

人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。
古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。

個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか?

伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにや
でも時折、胸にチクリと突き刺さる?
沈黙の美少女・古見さんのコミュ症コメディーです。

【スタッフ】
原作:オダトモヒト(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
総監督:渡辺歩
監督:川越一生
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
制作:オー・エル・エム

【キャスト】
古見硝子:古賀 葵
只野仁人:梶原岳人
長名なじみ:村川梨衣

公式サイト 公式Twitter
©オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校