『はたらく細胞』劇場版でショートアニメ「血小板 映画館へ行く」が同時上映! オリジナルの体操動画も公開

TVアニメ

9月5日(土)公開『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』にて、ショートアニメ「血小板 映画館へ行く」が同時上映されることが決定いたしました!「血小板 映画館へ行く」は、血小板たちが仕事終わりに映画館へ向かうショートアニメとなっております。

また、「はたらく細胞」(第1期)のオープニングテーマ「ミッション! 健・康・第・イチ」に合わせて、オリジナルの体操を踊る動画「ミッション!健・康・体操!」を公開しました。白血球(好中球)役の前野智昭さん・血小板役の長縄まりあさんが、大人から子供まで楽しめる体操を画面内で踊っています。

「ミッション!健・康・体操!」

出演:前野智昭【白血球(好中球)役】、長縄まりあ【血小板役】
振付:MaiMai(FIREWORKS)
ダンサー:Urara & Nageee(FIREWORKS)

「ミッション! 健・康・第・イチ」(第1期オープニングテーマ)
歌:赤血球(CV:花澤香菜)・白血球(CV:前野智昭)・
キラーT細胞(CV:小野大輔)・
マクロファージ(CV:井上喜久子)
作詞・作曲:ゆうまお 編曲:末廣健一郎

「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!
2020年9月5日(土)上映開始

公開劇場

ムビチケ前売券情報

7月23日(木・祝)より全国の公開劇場にて発売
・ムビチケ前売券(カード)
発売日:2020年7月23日(木・祝)
価格(税込):大人1500円 小人900円
購入特典:抗菌マスクケース

『はたらく細胞!!』

【INTRODUCTION】
細胞擬人化アニメーション
体内激震のスペクタクル大“腸”編、開幕!

月刊少年シリウス(講談社)にて連載中の『はたらく細胞』は、人間の体内を舞台とした清水茜の漫画作品。
2015年の連載開始より、その魅力あふれる世界観とキャラクターが人気を博し、2018年にはTVアニメ『はたらく細胞』(アニメーション制作:david production)がオンエアスタート。
誰もが共感できる細胞擬人化アニメーションとして、国内だけでなく、全世界において大きな話題となった。

今作は原作コミックス第5巻に描かれているエピソードを、テレビシリーズのオンエアに先駆けて公開する先行上映版。
胃、小腸、大腸といった消化器官を舞台に、細胞たちの壮大な物語が描かれる。

【STORY】
そこは人間の体の中――。
たくさんの細胞たちがはたらいている世界。
ある時、白血球(好中球)と赤血球は、迷子の乳酸菌を保護した一般細胞と出会う。
乳酸菌を仲間のもとに送り届けるため、白血球(好中球)と一般細胞は腸へと向かうことに。

だが、そこに待ち受けていたものは、望まざる最強の敵との再会だった。
「僕とキミたちのどちらが正義か、はっきりさせよう」
再び現れたがん細胞。そして悪玉菌により荒らされる腸内環境。
体内はかつてない大ピンチに!?
「やめるんだ、がん細胞──!」
この世界を守るため、白血球(好中球)たちは世界の命運をかけた大血戦に挑む!

■スタッフ
原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督:小倉宏文
シリーズ構成・脚本:柿原優子
キャラクターデザイン:吉田隆彦
サブキャラクターデザイン:玉置敬子
細菌キャラクターデザイン・プロップデザイン:三室健太
総作画監督:吉田隆彦・玉置敬子・北尾 勝
美術監督:細井友保(スタジオちゅーりっぷ)
美術設定:曽野由大
色彩設計:水野愛子
撮影監督:大島由貴
3DCG監督:石井規仁
編集:廣瀬清志 (エディッツ)
音響監督:明田川 仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:末廣健一郎・MAYUKO
アニメーションプロデューサー:若松 剛
アニメーション制作:david production
製作:アニプレックス・講談社・david production
配給:アニプレックス

■キャスト
◆赤血球:花澤香菜
◆白血球(好中球):前野智昭
◆キラーT細胞:小野大輔
◆マクロファージ:井上喜久子
◆血小板:長縄まりあ
◆制御性T細胞:早見沙織
◆NK細胞:行成とあ
◆乳酸菌(クロ):吉田有里
◆乳酸菌(アカ):高橋李依
◆乳酸菌(パンダ):藤原夏海
◆乳酸菌(ブチ):久保ユリカ
◆一般細胞:小林裕介
◆がん細胞:石田彰
◆ナレーション:能登麻美子

公式サイト 公式Twitter
ⓒ清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction