ヤマシタトモコ『違国日記』TVアニメ化が決定。ティザービジュアル&PV公開

TVアニメ

累計発行部数180万部を突破したヤマシタトモコによる人気コミック『違国日記』のTVアニメ化が決定した。

『違国日記』は『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて2017年7月号より連載が開始され、2023年7月号にて完結を迎えた作品で、人見知りな小説家・高代槙生と、その姪であり、両親を事故でなくした少女・田汲朝による年の差同居譚である。本作は、『マンガ大賞 2019』第4位、『このマンガがすごい!2024』オンナ編 第5位、ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2023」コミックランキング 第1位などを獲得した話題作。アニメ化に先駆けて、実写映画化も決定しており、監督に瀬田なつき、主演に新垣結衣・早瀬憩を迎え、2024年6月7日より全国ロードショーされる。

アニメーション制作は、「夏目友人帳」シリーズなどを手掛ける朱夏が担当。監督は大城美幸、構成・脚本は喜安浩平、キャラクターデザインは羽山賢二、音楽は牛尾憲輔、とメインスタッフも発表となった。

そして今回、TVアニメ化の決定とあわせてティザービジュアルとPVが公開となった。ティザービジュアルでは「ちがう国の女王の王座のかたすみで眠る」という原作1話での印象的なモノローグとともに、灯を消した暗い部屋の中、パソコンに向かい執筆に没頭する槙生と、布団に入りながら、その横顔にスマホのカメラを向ける朝とが描かれ、2人の同居生活の一幕が垣間見える一枚となっている。

<ヤマシタトモコ コメント>
私がこの世で一番驚いていますがなんとアニメになります。

©ヤマシタトモコ・祥伝社/アニメ「違国日記」製作委員会