『劇場版Infini-T Force』モーションアクタートークショーが開催。4人のヒーローとヒロインが語る裏話

本日、『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の公開を記念し、TVシリーズからモーションアクターとして活躍された4人のヒーローとヒロインによるトークショーが開催された。
イベントには村松和輝さん(ガッチャマン/鷲尾 健役)、廣瀬裕一郎さん(テッカマン/南 城二役)、フェルナンデス直行さん(ポリマー/鎧 武士役)、藤井俊輔さん(キャシャーン/東 鉄也役)、濱元香合さん(界堂 笑役)が登壇。
裏話や苦労した点、そして関智一さん、茅野愛衣さんら声優さんとの対面した時のことを語った。

1.jpg
2.jpg
3.jpg

 

村松和輝(ガッチャマン/鷲尾 健役)

――TVシリーズ、劇場版とそれぞれのキャラクターの印象などについて

健は、オリジナル版では父親が亡くなった時、あれだけの憎悪をむき出しにして暴走した青年が、今回、本当にいい成長してくれたので人生に無駄なことはないなって思いました。本当にいいおっさんになればいいなと思いました。

――みなさんがモーションを演じ、そこに声優さんが声を入れてキャラクターを作っていった。こうした過程を経験し、また、打ち上げで声優さんと顔を合わせて。

関さんとは(作品のことを考えたら)一生会わないまま人生を過ごしたほうがいいんじゃないか?って思ってたんですけど、打ち上げで茅野さんがわざわざ呼びに来てくださって…お会いした時に、関さんはわざわざ「自然なお芝居でやりやすかったです」とおっしゃってくださって嬉しかったです。実は自分が、関さんが演じた別作品のキャラクターのファンで、その話に関さんものってきてくださって盛り上がりました。いま思えば、健についてもっと話をしておけばよかったのにって思いますので、もし可能なら声優さんとの座談会をやりたいです!

――最後の代表してご挨拶をお願いします。

本当に本日はお時間作っていただきありがとうございました。今後、みなさんが望めば可能性は無限です。今後、もし続編でキャストが変わっても「Infini-T Force」を嫌いにならないでいただければ嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

廣瀬裕一郎(テッカマン/南 城二役)

――TVシリーズ、劇場版とそれぞれのキャラクターの印象などについて

僕の中で、(アクターとキャラクターの)それぞれの役割が似てるんですよ。(フェルナンデスは)おちゃらけてて、(濱元は)天然じみてでもしっかりしてて、(村松は)リーダーで、僕は冷静に突っ込んで行く感じです。

――みなさんがモーションを演じ、そこに声優さんが声を入れてキャラクターを作っていった。こうした過程を経験し、また、打ち上げで声優さんと顔を合わせて。

僕は、櫻井さんとすれ違って挨拶できずでした。(今回の作品で声優オーディションにも参加して)おこがましいけど櫻井さんと競ったこともあるのでお会いしたかったです。今回の作品は技術スタッフの方々が、まず僕の声でキャラクターの形を作って、そこから声優さんたちの声が入ったものを聞きながら僕らがフェイシャルを作り上げていくんですけど、最初は(声優さんの声に)違和感がありました。でも2話、3話と進んでいくうちに、僕の芝居に対するアンサーが声の芝居に含まれてるように思えて『僕はこう思うんです!』って声が伝わってくる感覚がありました。それは初めての経験で鳥肌が立ちました。声だけで僕の背景を埋めてくれてコミュニケーションが取れるというのは、このやり方の醍醐味なのかなと思いました。

――演じてきて、見てほしいところやこの作品ならではのシーンについて

必殺技とか! あと、空飛んでるところはボックスと言われる箱の上でうつぶせになっています。そのとき城二はメガネがずれないように一生懸命でした(笑)

フェルナンデス直行(ポリマー/鎧 武士役)

――モーションキャプチャーの撮影初体験について

モーションは俺も初めてだったけど、特に笑役の濱元は日に日にキャラクターと一緒に成長していっていると思いました。始まったばかりの1話、2話のときは、脚本を見て絵コンテが配られるんですけど、型にはめていったんです。でも監督に「自然体でいい。この役はフェルナンデスにあて書きしてるから」と言われて、そこから決めてかからないで自然体でやりました。大変だったけど、教授(廣瀬さん)とおっさん(村松さん)がまとめてくれるので自由にできたと思うし、感謝しかないです。武士が生まれたのは(共演陣の)4人がいたからです!

――みなさんがモーションを演じ、そこに声優さんが声を入れてキャラクターを作っていった。こうした過程を経験し、また、打ち上げで声優さんと顔を合わせて。

声優さんは僕らの動きを見て声を入れていくんですけど、回を重ねるごとにお互いが歩み寄る感じがしました。「そう!それがやりたかった」という感じになったり。打ち上げで鈴村健一さんと昔からの親友みたいにハグしました!

――演じられてきて、それぞれの役について、見てほしい部分、場面などをお願いします。

そのままの動きなので、どんだけ自然体なのか見ていただければ思います。

藤井俊輔(キャシャーン/東 鉄也役)

――TVシリーズ、劇場版とそれぞれのキャラクターの印象、演じる際に意識したことなどについて

僕は役に近づけるというより、役の方から僕に近づいてきてるのかなという感じでした(笑)そんなに意識しなかったので自然体でお芝居で来たと思います。

――モーションキャプチャで演じる上で意識したことなど

意識したことは立ち方です。 第1話~第3話くらいまでは自然体で、それから演出の木村監督にヒントをいただいて変わっていきました。キャシャーンも成長していったと思います。

――ぜひ見てほしい動きやシーンについて

やっぱり立ち姿を見ていただければと思います。あと、歩き方を真似していただいて結構です(笑)

濱元香合(界堂 笑(エミ)役)

――初挑戦のモーションキャプチャーの撮影について

TVアニメの鈴木監督に「笑ちゃんと一緒に成長していきなさい」と言われて台本を読み込むというより、ヒーローたちと演技をするときは相手のセリフを聞いて反応しようという感じでやっていたらうまい具合に自然に成長しちゃいましたね(笑)ヒーローたちのおかげです! ガッチャマン(村松さん)は笑ちゃんの第2のパパのような存在でした(笑)。プライベートでも、(村松さんがみんなを)まとめてくれて、たぶん役だけでなく本当におっさんなんだろうって感じました(笑)

――みなさんがモーションを演じ、そこに声優さんが声を入れてキャラクターを作っていった。こうした過程を経験し、また、打ち上げで声優さんと顔を合わせて。

茅野愛衣さんと2人で笑ポーズで写真を撮りました。お会いした瞬間、お互い第一声が「あ、本物の笑ちゃんだ」って同時に言っちゃいました(笑)。2人とも本物ですけど、やっと会えたって感じで「笑ちゃん」って何度も言い合ってました。

――演じられてきて、それぞれの役について、見てほしい部分、場面などをお願いします。

劇場版で、笑ちゃんのエンピツの力が弱まって、バリアにぐーっと入るシーンがあるんですが、そこは現場で本当に壁にぶつかって打撲しながらも頑張りました!リアルに体力的にも、ヒーローたちと一緒に戦いたいって思いの葛藤が入ってます

公式サイト
(C)タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会