『セスタス -The Roman Fighter-』マスコミ試写会が開催。マヂカルラブリーがヒット祈願でパンチを耐え抜く

TVアニメ

4月14日よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送開始となるTVアニメ『セスタス -The Roman Fighter-(ザ・ローマン・ファイター)』のマスコミ試写会イベントが、4月7日(水)に開催された。

4月14日より放送開始となるTVアニメ『セスタス -The Roman Fighter-』のマスコミ試写会イベントが、フジテレビ・マルチシアターにて行われた。ゲストに、昨年の「M-1グランプリ」の覇者であるお笑い芸人・マヂカルラブリー(野田クリスタル/村上)と、本作の格闘シーンアドバイザー・亀海喜寛が登壇した。

本作の舞台が「古代ローマ」ということで古代ローマ風の衣装に身を包み、主人公・セスタスと同じく赤いハチマキをつけて登場したマヂカルラブリーの二人。古代ローマの格差社会の中で、拳を武器に奴隷の身から這い上がっていくセスタスと、所属する吉本興業の芸人の中で虐げられてきたマヂカルラブリーが、“笑い”という武器で頂点に這い上がった境遇が似ていることが理由でゲストとして登場した。

二人は、新宿の「ルミネ the よしもと」や渋谷の「よしもと無限大ホール」から離れた、大宮にある劇場を拠点に「大宮セブン」として活動していた際の境遇について聞かれると、村上は「渋谷の無限大ホールから卒業させられたら(新宿の)ルミネへ基本は行くんですよ。でも、そこに行けなかった地下ルートが大宮ですね。小さな狭い劇場にお笑い奴隷たちが集まって殺しあっている(笑)」とコメント。野田クリスタルも、「(セスタスたちと同じように)泥飯を食ってきました」と過酷な思いをした当時を振り返る。

吉本興業の本社を訪れた際にも、名前ではなく、“大宮”と呼ばれるほどの扱いを受けていた彼らだったが、自分たちを大宮に押し込めた人たちを見返そうという一心で、賞レースで優勝するまでに“笑い”ひとつで運命を切り開いてきたという。MCからの「『大宮セブン』の芸人さんたちには「セスタス」はバイブルになりそうですね」というコメントが飛ぶと、一足先にアニメ本編を観た野田クリスタルは、「僕たちの日常が映っているなと思って、よく見たらセスタスだった。舞台も大宮かと思ったらローマだった」とボケながら返し笑いを誘う場面も。

一方、アニメを見ることが大好きだという村上に他のアニメと違うポイントを聞くと、「動きですね。(モーションキャプチャーを使用して)実際に動いている人をアニメにしているので、腕の伸び方とかがめちゃくちゃリアルです」とコメントし、格闘アニメならではの見どころを語る。

続いてイベントは、放送開始が間近に迫った本作のヒット祈願のコーナーに。ここで、ヒット祈願のため、格闘シーンアドバイザーを務める元プロボクサーの亀海喜寛が登場。セスタスが自分より巨大で屈強な男たちにも負けず、耐え抜いて這い上がっていく本作のストーリーにちなみ、本作の大ヒットへの強い思いを込めて、マヂカルラブリーに亀海の繰り出す強烈パンチに耐え抜いてもらうという、「セスタス」らしいヒット祈願が行われた。

グローブを装着した亀海に対し、野田クリスタルはミットを持ってパンチを受けること。亀海が80%程度の強さで何発かパンチを打ち込むと、「これ(ミット)、綿入ってるの?」と苦しそうな表情を見せしながらも必死に耐え抜く野田クリスタル。すると、野田クリスタルに無理やり勧められ、まさかの村上もパンチを受けることに。そして最後に、亀海の100%本気のパンチを野田クリスタルが見事耐え抜き、見事ヒット祈願を成功させ、イベントを締めくくった。

【放送情報】
4月14日よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて毎週水曜日24:55から放送開始
FODにて4月14日配信スタート 毎週水曜日24:55最新話配信
(配信ページ:https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5g52/

公式サイト 公式Twitter 作品概要
©技来静也, 白泉社/セスタス製作委員会