「声優と夜あそび」安元洋貴&八代拓が上下が反転する“逆さメガネ”にパニック…「僕は醜態を晒したわけですね…」

動画番組

「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2024年6月10日(月)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 月【安元洋貴×八代拓】#8』を放送した。

本放送では、“逆”がテーマということで、2人ともカメラに背を向けた状態でスタートし、「言ってくれないとこのままですよ?」とそのままオープニングトークを展開。そんな前代未聞のオープニングを終え、2人もやっと正面を向いたところで、今回の企画「THE逆SP」が発表に。さまざまな“逆”をテーマにしたゲームに挑戦していく。

早速、先にランキングの結果を見てどんなランキングかを当てる「逆ランキング当てクイズ」や、2人の間に透明の板を置きお題の文字を相手にわかるように反転させて書く「反転文字で書いてみよう!」などの“逆”ゲームに挑戦していく2人。また、「上下が反転!逆さメガネミッション」では、上下が反転して見える逆さメガネに2人が振り回されることに。まず、八代さんが逆さメガネを装着し、コップに入った水をメスシリンダーのメモリまで入れる「水汲みミッション」に挑戦するも、コップを持つところから苦戦し、「どこ?どこ?」と右往左往する八代さんに、安元さんは「タクちゃん?」「タクちゃん?なんか顔が面白いよ?」と大爆笑。その後、安元さんの指示を受けながらなんとかメスシリンダーにたどり着き、ここだと確信してコップをひっくり返した八代さんだが、水は全てこぼれ落ち、安元さんは再び大爆笑。

「今どうなってました?」と自身の動きを心配する八代さんに、安元さんが「なんか新しいジャンルのダンスを踊ってたよ」と八代さんのコミカルな動きを再現すると、八代さんは「つまり僕は、醜態を晒したわけですね…」と返しさらなる笑いを誘う。
続く、安元さんのターンでは、八代さんから「安元さん、これは不可能!」「マジで僕の気持ちがわかると思います」と忠告が。八代さんの二の舞にはならないと、慎重に進める安元さんだが、わずかに位置がずれてしまい、少しずつ流れ落ちていく水に、八代さんは「安元さん、奇跡的に入ってないです」と大爆笑。メガネを外した安元さんは予想外の結果に「なんで!?いいとこいったって思ってたのに」と撃沈します。その後も、ピンポン玉をワンバウンドさせ、コップでキャッチする「ピンポン玉ミッション」にも挑戦するも、全く上下反転の逆さメガネの感覚に慣れず2人は再び大苦戦。挙動不審な2人の動きにスタジオは大きな笑いに包まれた。

さらに2人は、「逆再生ゲーム」にも挑戦。お題の動きを逆の動きで再現し動画で撮影。それを逆再生し、何の動きをしているのか当てるというこのゲーム。まず安元さんが「バレーボールのアタック」というお題に挑戦するも逆再生でジャンプを再現することが難しく不正解に。続いて八代さんは「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい、オッパッピー」に挑戦。声も入れてというスタッフからの指示を受け、「ピッパッオー」と大声で叫び、最後のオッパッピーポーズから始めた八代さん。その後、逆再生すると、小島よしおさんのおなじみの動きを見事に再現し、安元さんは「すげぇ!完璧です!」と即答。しかし音声はめちゃくちゃで、「いーや!オォォォパピー」と聞こえる音に、2人は「音気持ちわる!」と爆笑していた。

そうしてさまざまな“逆”ゲームを楽しんだ2人。「基本的に物事は逆じゃない方がいいんだろうな。やっぱり理に逆らうっていうのは…」としみじみと振り返る八代さんに、安元さんも「正動が一番!」とまとめ、最後まで笑いに包まれながら「THE逆SP」を締めくくった。

〈「アニメLIVEチャンネル」/『声優と夜あそび 月【安元洋貴×八代拓】#8』〉
2024年6月10日(月)放送:https://abema.tv/video/episode/218-694_s12_p8
出演者(敬称略):安元洋貴、八代拓
※放送後1週間、最新回を無料でお楽しみいただけます。