日本アニメーション40周年記念作品『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』薬師丸ひろ子、鹿賀丈史らが出演決定。劇場3部作であることも明らかに

1.jpg

「世界名作劇場」シリーズを手がける日本アニメーション40周年記念作品として7月4日に公開となる『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』について、メインキャスト声優の他、主人公シンドバッドの母親・ラティーファ役を薬師丸ひろ子さん、そして、シンドバッドを連れ、旅に出るラザック船長役を鹿賀丈史さんが担当することが明らかになった。また劇中歌となる「わたりどり」も薬師丸さんが担当。声優と劇中歌を同時に担うのは、薬師丸さん自身初となる。
さらに、4月25日より劇場で上映となる【予告編】も公式サイトで解禁。その中で『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』が劇場オリジナルアニメ3 部作であることも発表。第1 部の公開が7月、続く第2 部が12月、第3部が来年3月公開予定とのことだ。

.jpg

 

シンドバッド:CV 村中知

シンドバッド、夢、冒険、…と言葉を聞くだけでわくわくします! この作品を通して、「大切な何か」を感じ取っていただけたら幸いです。世代や時代を超え、いつまでも皆さんの心に残る作品にしたいです!

2.jpg

サナ:CV 田辺桃子

今回、声優に初挑戦することになりとてもワクワクしています。サナは、思っていることをあまり表には出さない女の子ですが彼女の心の中に沸き上がってくる沢山の想いを私の声で見ている方に伝えられたらいいなと思っています。頑張ります!

4.jpg

アリ:CV 永澤菜教

日本アニメーション様の記念作品に参加させて頂けて、とても感激です。私が演じるアリは、船上で育った生命力に溢れた少年です。そんな彼の真っ直ぐな強さを精一杯表現して、素敵な冒険の世界をお届けしたいです。

3.jpg

ラティーファ:CV 薬師丸ひろ子

「今回のように劇中歌と声優を担うのは初めてなので、このような機会を頂けたことを嬉しく思います。私もそうでしたが子ども時代に触れるこのような作品は、いつまでも心に残るものだと思います。子どもから大人に成長していく中で、心の支えとなる力がアニメにはあるので、観てくれる方に夢を与えられるようにがんばりたいと思います。」

5.jpg

ラザック船長:CV 鹿賀丈史

「アニメの声優はあまりやったことがないのですが、男らしく、優しく包容力のあるラザック船長を演じたいと思います。子供たちが喜んでくれたら最高なので、今から楽しみにしています。」

6.jpg
公式サイト

(C)プロジェクト シンドバッド