ヘッダー調整
 
記事詳細  >  記事一覧  >  記事詳細

3D空間やARでキャラクターを撮影できるアプリ「VRoidモバイル」提供開始。『サマーウォーズ』のバーチャル空間「OZ」での撮影も可能

 
(ユマ) 2019/07/18 12:59
 
1.jpg
ピクシブは、3Dキャラクターモデルを簡単に作成し、3D空間や現実空間(AR)でキャラクターを撮影できるスマートフォンアプリ「VRoidモバイル(ブイロイド・モバイル)」の提供を、2019年7月18日より開始した。

VRoidモバイルは、3Dキャラクターの撮影時にボケ加工(被写界深度)の変更ができるカメラ機能と豊富な画像加工フィルターを備えており、誰でも手軽に”エモい”キャラクター写真「アバターフォト」を撮影できる。

「VRoidモバイル」ダウンロードはこちら
iOS版: https://apps.apple.com/jp/app/id1469346321
Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=net.pixiv.vroid.android

<以下、プレスリリースより>

3Dキャラクターメイキング機能

VRoidモバイルを使えば、スマートフォンだけでこだわりの3Dキャラクターモデルを作成することができます。

1)簡単な操作で、あなただけの3Dキャラクターモデルを作れる
顔・髪・身体の要素を一覧からタップしていくだけで、好みのキャラクターを簡単に作成できます。
瞳や髪などの色変更はもちろん、頭の大きさや身長、手足の長さといった体格、目や鼻の位置・角度なども、理想に合わせてスライダーで調整することができます。

2.jpg

2)「アバターウェア」を着せ替えておしゃれを楽しめるVRoidモバイルには、3Dキャラクターのためのファッションアイテム「アバターウェア」が用意されています。作成したキャラクターには、トップス・ボトムス・ワンピース・靴下・靴といったアバターウェアをワンタップで簡単に着せ替えることができます。撮影シーンやシチュエーションに合わせたコーディネートをお楽しみください。

「バーチャルファッション」を手がける最先端クリエイターによるファッショナブルなアバターウェアなど、今後も新アイテムが続々登場予定です。
アバターウェアは有料のデジタルアイテムですが、収録されている全てのアバターウェアを好きなだけ受け取り・着せ替えできる、リリース記念キャンペーンを実施いたします。受け取った服は、次のバージョン以降でも続けて利用可能です。
期間限定のキャンペーンとなりますので、ぜひこの機会にVRoidモバイルをお楽しみください。

3)作成した3Dキャラクターを使って他のアプリでも遊べる
VRoidモバイルで作成した3Dキャラクターは、3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」へアップロードしてWeb上で公開することが可能です。また、配信プラットフォームやゲームなど、各種VRoid Hub連携アプリケーションで、あなたの作ったキャラクターをアバターとして使って遊ぶことができます。

■アバターカメラ機能

アバターカメラ機能を使うと、VRoidモバイルで作成したキャラクターを現実世界へ呼び出してAR撮影ができるほか、アプリ内の3D空間で撮影をしたり、他の人とコミュニケーションして遊ぶことができます。また、VRoid Hubにアップロードした自分のVRMモデルを呼び出して撮影することも可能です。

アバターカメラには、「エモーション」と呼ばれるキャラクターアニメーションと、撮影用の「ポーズ」に加えて、”エモい”写真が簡単に撮れるワンタッチ加工フィルター17種が実装されています。また「明るさ」「コントラスト」「色温度」「色相」「彩度」「ヴィネット」「被写界深度」「ブルーム」「グレイン」「色収差」「フレーム」の11種のカスタマイズパラメーターを調整することで、本格的な写真加工を行うこともできます。

3.jpg

1)AR撮影モード
AR撮影モードを使えば、自分の部屋や外出先の風景にキャラクターが佇んでいるような写真を撮影することができます。シャッターを押す前の状態で、背景ボケ(被写界深度)の確認・調整や光(ブルーム)の調整、リッチなフィルターエフェクトのプレビューができるため、”エモい”写真を誰でも簡単に撮影できます。

またこのモードでは、ARで表示したキャラクターを移動させたり、画面内のキャラクターの表示サイズの拡大縮小、地面における高さの調整などが可能です。思い描くシチュエーションを、キャラクターと一緒に探るような撮影体験ができることも、AR撮影モードの特長です。

4.jpg

2)3D空間撮影モード
アプリ内に用意された3D空間でも、あなたのキャラを自由に動かして撮影することができます。3D空間は「OZ」「花札ステージ」「ペントハウス」の3つから選択可能です。
3D空間撮影モードでは、同じ3D空間内で最大4人まで一緒に撮影が出来ます。自分がいるルームのURLを共有することで、友だちを誘って一緒にグループフォト撮影を楽しむことができます。ルーム内ではテキストチャットで会話することができるため、エモーションと組み合わせ、アバターを通したコミュニケーションを楽しむこともできます。

※現在、3D空間撮影モードでの複数人撮影機能は、アプリ「VRoidモバイル」で作成したキャラクターでのみ行えます。

5.jpg

■3D空間撮影モードで「OZ」「花札ステージ」を選択可能

映画『サマーウォーズ』公開10周年を記念してVRoidモバイル上で提供される「OZ on VRoid powerd by pixiv」は、実際に撮影で使用された3Dモデルデータを元に再現した「本物のOZ」。メインワールドである「OZ」と、ナツキとラブマシーンのバトルで使われた「花札ステージ」の2つの3D空間を、あなたのつくった3Dキャラクターモデルで飛び回ることができます。

6.jpg

また、「OZ」「花札ステージ」には、合計5つの撮影スポットが用意されています。空間内の撮影スポットに表示されるカメラのアイコンをタップすると、『サマーウォーズ』の名シーンをあなたのアバターで再現した写真を撮影することができます。

さらに、『サマーウォーズ』公開10周年のメモリアルデーである8月1日に向けたイベントや、参加してくださった方々への特別なプレゼントもご用意しています。イベントの詳細は、7月19日に発表予定です。

OZ on VRoid特設サイト: https://vroid.com/special/summer_wars/

7.jpg

公式サイト

画像一覧
 
 
 
HUGYUTTO